SEIYO農業レポート①

 <SEIYOの農業部門の始まりについて>

 

SEIYOでは農業を行っています。

学習塾がなぜ農業をしているの?と聞かれそうですが、

農業をやっています。

 

農業をスタートして10年ほどです。

養蚕からスタートして、

現在では、うるいの栽培、イチジクの栽培、行者ニンニクの栽培、タラの木の栽培などをやっています。

 

私は農家の出身ではありません。

なぜ学習塾が農業をしているのか?

いろいろと理由はあるのですが、

農家さんが学習塾をするのではなく、

学習塾が農業をすることに意味があると考えています。

 

農業部門をスタートさせた一番の理由は、

人はこの世に生まれてきて、

土から生まれたものを食べ、

土から生まれたものを食べている生き物を食べ

土の上で生活し、

いずれついに還る存在だからです。

 

人間は長い間その歴史の中で、

いえ、有史以前から、土に根差して生きてきたのです。

人間をまさに人間にしてくれたもの。

人間に文明を与えてくれたもの

それが農耕と牧畜です。

 

農業にかかわるということは、

まさに人間の原点に向き合うということなのだと思うのです。

 

学習塾は、というよりも、

教育とは、個々人の。よりのぞましい成長をお手伝いすること。

それは、その人個人と向き合い、

人間というものと向き合うということだと思うのです。

 

教育と農業は多くの関連性と共通点があると思うのです。

 

 

以後、順次お話させていただくことになると思いますが、

関心のある方はお読みいただけると幸いです。

SEYOの教育理念にかかわることも多分に含まれています。

大学入試の現文や小論文、英語の長文などに頻出する内容も含まれていたりします。

さまざまな視点からお読みいただけると嬉しいです。

(R3・11・30)