国語という教科の重要性

国語はすべての教科の土台です。日本人である以上、学習は日本語を通じて行われます。

国語を10点上げることは、他教科の学習の効率性・理解度をレベルアップさせ、総合力を飛躍的にアップさせる土台となります。

例えば、数学の問題を解いて、答え合わせをして間違えたら、解説を読みます。その解説を読んでも理解できない、進まない。その原因は国語力の不足にあるかもしれません。このように国語力がないと、学習全体に支障をきたします。

また、国語力がないと、なんとなく「わかったつもり」が積もっていって、学習内容を誤解してしまいます。勉強している「つもり」が、勉強していなかったという残念な結果になってしまうこともあります。

「縁の下の力持ち」といえる国語の力こそが、入試などの最終局面での伸びにつながります。特に作文・小論文・面接が重視される傾向にある近年の入試において、国語の力は前提条件として持っていなければなりません。

国語の学力アップとともに、他教科もアップさせましょう。