英語を制する者が受験を制す!

中学校までは5教科のうちの1教科として扱われがちな英語ですが、実は大学入試においては最重要科目であることをご存知でしょうか?

まず、文系であろうが理系であろうが、基本的に受験教科に英語のない大学はありません。

そして、実際に英語がワンランク上がれば、合格する大学がワンランク上がると言っても過言ではありません。

英語は最速でレベルアップでき、一度レベルアップしたら安定感のある教科です。よって英語を得意科目にすることで、受験においての安定感が増して、かつ逆転劇を演じることが可能になります。英語こそ大学受験の生命線です。

そもそも、英語や国語は、数学のように学習分野や単元が区切られているわけではありませんから、文章を読める人はどんどんいろいろな文章を読んで、読解力を高めていける教科です。学校や学年に関係なく、力を上げていける教科です。例えば、高校受験をきっかけにして、早めに立ち上げておきたい教科ですね。