やってはいけない家庭学習④

「放任学習」です。学校にお任せ、塾にお任せ、参考書にお任せでは、大切なお子さんの学習状況がよくわかりません。大事なのは子供が「何」をしているかではなく、「どのように」しているかです。そのためには、どのように学習しているかがわかる仕組みをつくる必要があります。

ある日…

子がスマホで動画ばかり見ている。

親「勉強しなさい」 子「うん」

30分後

親「勉強しなさい!」 子「うるさいなー、わかった!今やろうと思ってたの!」

子、自分の部屋に行く。

子「ボ~ッ」(スマホ)「ボーッと」(スマホ)…

子どもは勉強していることになっているのですが、親が子どもが「どのように」勉強しているかまでは把握していないがために生じてしまった悲劇です。

「勉強しろ」ではなく、自分で決めさせて、決めたことを自分で守ることをサポートしてあげるとよいです。守れないなら叱ってあげる、無理があれば計画を修正するなどのメンテナンスが必要です。

例えば、青陽では個人面談や保護者面談を実施しています。塾での学習の状況と家庭での様子を情報交換します。第三者の視点からどういうふうに学習すればいいのか、生徒や保護者の方にアドバイスすることができます。家庭学習をさらに向上させるために、ぜひ青陽をご活用ください。

 

あわせて、こちらもどうぞ

やってはいけない家庭学習③ https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-407

やってはいけない家庭学習② https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-399

やってはいけない家庭学習① https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-370