「明日やろう」と決意して、次の日も勉強しないのはなぜ?

「やってもできない自分」を認めたくないという気持ちが心の奥に潜んでいて、それが「やろうとする自分」にブレーキをかけているから。つまり、勉強しないことによって、「できない自分」を正当化しようとしています。

「自分は馬鹿じゃない。本当はやればできる。だけど、まだ本気モードになっていないだけ」ということにしておきたい。その裏には「もし本気で勉強してできなかったら自分がみじめだ」という不安が潜んでいる可能性があります。

そうして自分を守っているうちに、「明日から」が「来月から」になり、「新学期から」「高3の夏休みから」になっていきます。

これを解決するには、

「できない自分」を素直に受け入れ、「できるようになる」ために勉強に手をつけると考えてみよう。

勉強しない言い訳を封印し、逃げられない状況をつくりましょう。

勉強しているのに成績が上がらないこともあるでしょうが、そんな自分をみじめに思うことはまったくありません。少なくとも、勉強から逃げている人より何倍も望みがあります。

勉強しているのにできないのには、原因があります。勉強してこなかった人はとくに、基礎力が身についていないために、すぐには成績は上がりません。ここは我慢のしどころです。どんな科目でも正しいやり方で勉強すれば必ず伸びます。ちょっとやってできないと、頭が悪いからとか才能がないからと決めつけて、あきらめてしまう人が少なくありません。頭が悪いや才能がないも言い訳の一種と考えていいでしょう。

自分の希望や目標があるのなら、「頭が悪いから」ではなく「やり方がまずいから」と考えて勉強を進めていきましょう。