コロナ対策について

青陽学院では、新型コロナウィルスに対して以下のような対策をしております。

(職員について)
・出勤時及び外出から戻った際の入念な手洗い、通勤時のマスク着用や、都度のアルコール消毒を心掛けます。
・出勤時に検温し、発熱等の風邪の症状が見られるときには、出勤を停止させます。
・生徒の体調面の変化に気を配り、異変の兆候が見られたときには、通常にもまして迅速な連絡をご家庭に行います。
・授業の際、原則マスクやマウスシールドなどを着用させていただきます。ご了承願います。

(生徒の皆さんについて)

・外からの入館時は手のアルコール消毒をお願い致します。また、消毒の際に検温もお願い致します。

・一斉授業においては、なるべく空間の広い教室(第1、第3、第4教室)を使用し、教室内の窓は大きく開放通気し、座席の間隔をあけて座らせます。常時窓を開けておりますので、教室内の気温が低くなるときがあります。寒くならないように、体温の調節は各自の上着の着脱で調整してください。新型コロナの問題が一段落するまでは、室内の気温より換気を優先させます。ご了承ください。

・個別指導においては、多くは別校舎で授業を行っておりますが、同校舎においても通気を行います。また、指導の際は密接を避け、生徒と先生の間に間隔(ソーシャル・ディスタンス1.5M以上)確保につとめるように指導します。

・自習室の利用についても、座席間隔(1.5M以上)を確保するようにつとめ、換気に気を付けるなど同様に対処いたします。密集をさけるため、自習室内の座席も半分に減らし、自習室が満席になる前に、別教室を自習室にして対応します。また、利用終了時間を当分の間、午後9時30分に変更します。

<ご家庭へのお願い>
・通塾前後の手洗いやうがいを、通常以上に励行願います。
・通塾の際はマスクの着用を可能な範囲でお願いいたします。
・お子様に発熱等の風邪の症状が見られるときには、無理せず自宅で休養させてください。塾をお休みされるときにはご連絡をお願いします。

・一斉授業のクラスにおきまして、密集を避けるため、一部クラスの授業時間の移動・拡大をいたしました。

・以下の2点に当てはまる場合は、通塾を控えていただきますようお願い致します。

(1)お子さんが、過去2週間に海外または感染拡大地域から帰ってきた人と濃厚接触をしている場合。

(2)感染者との濃厚接触の可能性がある場合。