勉強が労働になっていませんか?

勉強は読んで字のごとく「つとめ、しいる」と書きます。

本来は気が進まないことを仕方なくする意味だったそうです。

しかし、明治以降、知識を得るために努力することが美徳とされるようになったことから、

「勉強」は「学習」とほぼ同じ意味で使われるようになりました。

「勉める」は、「困難に耐えて努力する、無理をしてでも励むこと」、

「強いる」は、「むりにやらせる、強制すること」を意味します。

大事なのは、誰が誰につとめしいるのか?です。

生活していくために仕方なく労働するように、

他の誰かに強いられて、嫌々ながら勉強をやっている人もいるかもしれません(かつての私もそうでした)。

嫌だけどやらなければいけないから、割り切って仕事としてやる人もいるでしょう。

しかし、勉強をやらせられていく中で、自分なりの発見や驚きを通して、勉強の達成感や面白さを見つける。

そして、それを探究していく中で、自分で自分に強いることで、自分の能力を上げたり、可能性を広げていける。

そんなふうに勉強ができるといいですね。