愛すべき町酒田②

5月も終わり、田植えも終わりました。稲が育つのが楽しみです。

酒田は港町としての商業都市である一方で、穀倉地帯としての側面があります。

庄内は日本有数の米どころです。酒田にも米農家の方々が、たくさんいらっしゃいます。

青陽の卒業生にも、米にこだわりを持って農家として頑張っている若者がいます。

日本人は昔から稲に特別な意味を持たせてきました。

稲とは単に食物の一つとしてお腹を満たすものではなく、人のライフサイクル(一生の循環)と重ね合わせ、精神的な意味合いを持たせて尊んできました。

稲作の再生原理は、発芽 → 生育 → 結実 → 枯死 → 種子化→ 発芽…の繰り返し、

日本人の通過儀礼 出生 → 成人化 → 婚姻・出産 → 死 → 祖霊化→ 出生(生まれ変わり)…

庄内は稲に象徴されるように、命を育む場所、「おくりびと」の地として愛すべき場所です。

庄内には、命の循環の象徴としての米など、多くの文化的な遺産が残っています。命や目には見えない価値を大切にする風土を残していきたいですね。

↓ 今でも全国に命の恵みを配送し続ける酒田の重要拠点 山居倉庫