入試の国語で問われる必須のテーマとは

「自我」です。自我とは「自分という意識」です。今ではそれを持っていて当たり前と思いますが、これを気にし始めたのはつい最近、明治時代の半ばです。

江戸時代なら、人は「家」のために、「主君」のために、「藩」のために生きていました。つまり、集団の中に自分という意識が入り込んで、個人と集団との区別ができなかったのが封建時代です。結婚も職業も家が決めるものでした。

ところが、明治になって西洋ではそうではないことがわかってきて、集団から個人を切り離そうと考えたのが、「自我」です。こういう動きが起こってきたのが近代の初めなので、歴史的には「近代的自我」という言い方をします。

先日、日本ボクシング連盟の元会長が辞任しました。現在の日本を象徴する出来事だと思いました。日本はまだまだ「自我」の意識が弱く、寄らば大樹、長いものに巻かれろ的な古い体質が残っていて、その部分で問題が発生したのではないか、本当は会員や理事一人ひとりがしっかりとした「自我」をもっていれば…。

自我を持つ自分がいるのと同じように、他の人も自我をもって存在しています。そういう他の人とみんなで議論してルールを決めて、生きやすい社会にしていくために、自我は必要不可欠であり、前提条件です。現代人として、高等教育を受ける人間として「自我」を意識してほしいという高校や大学側のメッセージがよみとれます。

しかし、しっかりとした自我を確立するには、自分の欲望や社会との摩擦や衝突というある意味厳しくつらい側面もあります。それついては、また次回。