勉強しやすくするには

勉強がおっくうなのではなく、「何を勉強しようかを考える」のがおっくうな人もいます。そういう人は、すぐ取り掛かれるように問題集や参考書を机の上に開いておきましょう。さらに、得意科目から勉強をはじめると圧倒的に動き出しがよくなるので、その後に苦手科目をしても何とか乗り切れます。

また、いきなり勉強に取り掛かるのがおっくうという人は、ワンクッションおきましょう。スイッチオンの儀式として、例えば飲み物をいれてから始める、鉛筆を削ってからはじめるなど、勉強を始める前の儀式を自分で決めておくとスムーズに勉強を始められます。

勉強部屋に行くことが面倒な人は、夕食後そのままダイニングテーブルなどで勉強を始めてしまいましょう。勉強部屋でなければ勉強してはいけないというルールはありません。緊張感をもってやれればいいのではないでしょうか。

そもそも家であまり勉強したくない人は、学校の休み時間や放課後に教室や図書館、自習室で、その日の勉強のすべてを終わらせてから帰るという方法もあります。

青陽にも自習室があります。静かに自習できるだけでなく、質問もできる学習には最高の環境の自習室です。第2の勉強部屋として最大限に活用してください