いよいよ受験シーズンですね

例えば、子どもの受験勉強で親ができることは、脅しのようなプレッシャーをかけないことです。

「この学校に受からなければ人生終わりだ」とは言ってはいけないということです。直接言わなくても、そう感じてしまう親の発言や態度に子どもはとても敏感です。例えば、第1志望校の合格だけにゴールを設定するのではなく、ゴールをもっと先に見据えることで、余分なプレッシャーを感じなくてもすみます。

受験生はいつも不安です。受かるだろうか、学力は伸びるだろうか…など。大人は不安になることはいけないと考えがちですが、不安を感じなければ勉強する気になれません。

ここでいけないのは、不安になることではなくて、不安にまどわされて勉強しなくなることです。そんなときは、

「どんなに不安でも勉強しなさい。勉強して、実力がついてくれば、その不安も小さくなるのだから。」と声をかけてあげてください。

一人で勉強していることが不安ならば、学院の自習室を利用してください。自習室には一生懸命勉強している他の受験生や予備校生が集中して学習しています。そんな環境の中でお互いに切磋琢磨できたらいいですね。