勉強は焦らせないで、気づかせて。

勉強自体は、本来良いも悪いもありません。

「勉強はすき、きらい」の印象は、その人の経験や心の中の記憶などによって、意味づけられます。

例えば、百科事典をほしくてたまらない子どもに百科事典を買ってあげた場合と、ほしくもない百科事典が買い揃えてある場合では、勉強に対する子どもの印象はどうでしょう?

前者の子どもは、買ってもらった百科事典を喜んで読みまくるでしょう。後者の子どもは、興味を持てず見向きもしないかもしれません。むしろ、それを負担に思うかもしれません。

親は、子どもの自我の成長により、中学生ごろから子どもに言う事をきかせることができなくなります。しかし、影響を与えることはできます。親の心の世界と子どもの心の世界は違いますから、親の心の世界の意味付けを子どもに押し付けて無理やり言う事をきかせることはできません。

勉強の必要性や大切さを本人が自覚する機会を与えてあげたり、環境を整えてあげることが、親のできることかもしれません。