勉強の前に大切な事

それは、受験勉強を通じて、自分はどういう人間になりたいのか、何のために勉強するのか、などを考えられる自我を確立することです。

より上の学校に進学して、専門的な知識を身につければ、身に着けるほど、社会的な影響は大きくなります。倫理的に明確ではないことは特に、その専門的な知識を悪用することもできます。用い方によっては、多くの他の人に迷惑をかけてしまいます。だから、知識を持つ人は高い倫理観や見識が求められます。自分のためだけではなく、知識のない他の人たちのために自分の知識を使うことが必要です。

実は、人生全体で考えると、高校や大学の合格自体は大きな目標ではなく、人生における一つのステップ、小さい目標です。(高校や大学の合格を大きい目標にしてしまうと、燃え尽きてしまいます)浪人生などは特に、その他の多くと人たち違い、せっかく浪人したのですから、学力を追いつかせるだけでなく、人間としても大きく成長して大学に行ってほしいです。だから、青陽予備校では特に、受験に受かるための知識だけでなく、人間としてのベースの部分である心理学やさまざまな思想、宗教、倫理の授業を通じて、自分の価値観を見つめなおし、自分の頭で考えて自分を練られるようにしています。

受験勉強を通じて、自我を確立していってほしいと思います。

(画像は、ソクラテスの肖像)