愛すべき町酒田④書店

その町がどれぐらい文化的かを表す指標の一つとして、「書店の軒数」があります。

庄内には、比較的大きい所では、八文字屋(酒田みずほ店)、未来屋書店(酒田北店、酒田南店)、宮脇書店(清水屋店)、戸田書店(三川)、八文字屋(鶴岡店)、くまざわ書店(Sモール店)、BOOKS PAL(鶴岡)などがあります。

ねじめ正一著「風の棲む町」のモデルとなった青山堂(酒田)はもうないですが、昔から地元に根付いた阿部久書店(鶴岡)のような書店もあります。

書店には知的な偶然の出会いがあります。ネットで本を購入することが多くなっている昨今ですが、文化資産としての書店を見直してみませんか。

最近リニューアルオープンした八文字屋鶴岡店↓

愛すべき町酒田③みんなの庄内空港

https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-384

愛すべき町酒田②山居倉庫

https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-363

愛すべき町酒田①酒田祭り、グリーンハウス

https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-323