算数・数学の文章題のポイント~「目で考える」

算数・数学の文章題を解くポイントは、

① 絵図にする(数字などを書き込む)

② 絵図を描いたら文章は見ないで絵図だけで答えを見つける

③ 答えの求め方がわかったら、そこで式を立てる

④ 式は立てられなくてもいいので、正確な図を描く

文章に書かれたものを頭にイメージするには、膨大なエネルギーが必要です。そのため頭にかなり負荷がかかります。そこで、さらに考えるためにエネルギーを割くことはむずかしくなります。「絵図を描く」ことは、この膨大なエネルギーを必要とするイメージの記録を手に任せることです。こうすると、頭に膨大な余裕ができ、考えることに全エネルギーを使えるようになります。少なくとも高校入試まではこの方法で解けない問題はありません。

学力の基本は言葉(文字)のイメージ化であり、それは目で考える力を使うと格段に楽になります。言葉をイメージ化するにはたくさんの体験とその体験について考える経験を積ませることが大切です。