勉強するからスマホ買って~

結論から言うと、スマホを買っても勉強はしません。むしろ、買ったから勉強しません。

スマートフォンは、動画を見たり、ゲームをしたり、SNSでやりとりしたりと、暇つぶしとしては最高の機械です。

大人でも、「スマホを使う人」ではなく、「スマホに使われている人」が多くいますから、子どもならなおさらです。「スマホを使う人」は、リアルな世界でほとんどの時間を過ごし、必要な時だけスマホを使っています。「スマホに使われている人」は、自分の興味ある範囲内だけのヴァーチャルな世界に際限なく没入しています。

「クールジャパン」と、世界から日本が評価されていますが、その日本の価値あるものの多くは、江戸時代につくられたものです。江戸時代は「鎖国」をしていました。鎖国というと否定的意味合いで語られることが多いですが、鎖国していたからこそ自らを見つめ、価値のある独自のものを作り出すことができたのだと思います。同様に、子どもたちにとっても現実に向き合い、やるべきことをやり、自分を見つめる時間をもつことが大切です。

スマホを買ってあげるときの注意点は、使用目的を明確にして、使用時間を決めてあげましょう。子どもたちが、自らを見つめる時間をとり、この現実世界を全力で生きるために。