高みを目指すなら、自分を掘れ

若者は新しいもの、刺激のあるものを好む傾向があります。しかし、この時期こそ基礎を固めることが重要です。

それは、高いレベルを目指すほどそうです。中途半端に自分はできると思い込んでいる人は、自分の力を過信するがゆえに自分のことがよく見えていません。何か新しいものに触れれば、自分がレベルアップしたような気がしてしまいます。

地上634mの東京スカイツリーの工期のほとんどは、地下(50メートル)を掘ることに時間をかけています。高い建物を建てるには基礎をしっかりしなければいけない。同様に、勉強でも高いところをねらえば狙うほど、基礎の重要性は増していきます。基礎ができていないと、ざるで水をすくうように、やってもやっても積みあがりません。

本来の自分に向き合い、自分を掘って基礎を固めましょう。