「うまくやれそう」な感覚がやる気をうみだす

無理だなと思えば無理だけど、少しでもやれそうだと希望をもてたら、やれるということがあります。

絵空事の夢や目標を掲げる前に、身近で現実味を感じられる小さな希望を大切にしましょう。

いつもテストで30点を取っている人が、いきなり100点をとるのは容易ではありませんが、50点を取るのはとれそうな気がします。適切な目標を設定することがやる気を生みます。

また、「バカだからやってもダメだ」のような物事を悲観的にしか見られない「認知のゆがみ」を修正することで、別の可能性や別の観点に気づけることがあります。

それには、「自分で動いて確かめる」ことが有効です。

例えば、才能がないから勉強ができない(認知のゆがみ)→実際に正しい方法で勉強してみる(本当かどうか確かめる)→結果が出る(才能がないわけではないことがわかる)→自分もやればできると思える。

実際、やってみないとわからないことはたくさんあります。

自分の思い込みを排して、行動して、実感して、前進しましょう。

青陽がその一助になれたら、幸いです。