愛すべき町酒田⑦日和山公園

 

 

 

 

 

 

 

酒田とは何か。名所を巡って考えるシリーズ、第7回。今回は「日和山公園」です。

酒田市街、酒田港、日本海、出羽三山を一望できる景色が好きです。

 

河村瑞賢なくして酒田なし。河村瑞賢の西回り航路により、江戸時代の酒田の繁栄があった。

 

日本で2番目に古い白い木造灯台、もともと宮野浦にあったそうです。

航海の安全のための常夜灯。これを設置したことが日和山公園の起源だそうです。

 

 

 

 

 

日和山公園には句碑がたくさんあります。

酒田を読んだ句で好きな詩句は、

 

おほきなる流となればためらはず 酒田のうみにそそがむとする

齋藤茂吉

この句は、自然の雄大さ、勢い、豪快さという句のイメージとひらがな(おほきなる、ためらわず、うみ、そそがむ)のギャップが酒田っぽくていいです。

 

海                佐藤十弥

海に生きた人

海に死んだ人

海を愛する人

海を憎む人

人さまざま

海に向かって

立ちはだかる

だが

海は海なりの姿で

時に微笑み

時に怒り

チエロを奏でる

 

この詩は、すべての人を包み込み、音楽的であり、情緒的なところが好きです。

 

過去のものもどうぞ

⑥もう一つの酒田 松山   https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-435

⑤飯盛山公園        https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-416

④書店           https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-402

③みんなの庄内空港     https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-384

②山居倉庫         https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-363

①酒田祭り、グリーンハウス https://www.seiyo-gakuin.jp/archives/blog/blog-323